戦争と平和を考える学習

 戦争と平和を考える学習に映画を活用する方法もある。例えば戦争体験者の方に聞くと、映画の中に出てきたB29が、ここ仙台を空襲していたのかと聞いて、あの戦争について知らないことがもっともっとあるなと。

 映画をご覧になられてのご感想は?演じる戦争加害者率いる部隊が、終戦まで何が何でも生き延びる、というものが、今までにない戦争映画だなと思い、興味深かく拝見しました。

 いままでにサイパンに行ったことはありましたが、映画のような、こんなことがあったとは知りませんでした。この映画に出演するにあたり、戦争を経験していませんが、だからこそ出る意義があると思いました。

 サイパンは陥落、日本も戦争に負けて、停戦命令が出ているにも拘らず山を下りなかったあの人たちの気持ちは、現代を生きる自分達意には計り知れないものがあります。なので撮影中かなり思い悩んだ部分もあったが、みんなで力を合わせて撮ってきました。

 ここで恒例となりました、会場にいる全員で平和への祈りを込めて、杜の都”にちなんだ緑色の折り紙で折り鶴を作成しました。会場の皆さんと心を込めて折り鶴を折っていると。石澤さんにも折っていただきました。

 そして、最後に僕が小学校の時に終戦を迎えました。もうすでに仙台市民の8割が戦争を知らない世代です。だからこそ、少しでも戦争を知っている私が戦争について語り継ぎたいと思います。

 僕たち撮影スタッフも戦争を知らない世代です。でも、知らないからこそ作ろうと思いました。ですので、この映画を観て、少しでもあの戦争あの時代について何か感じ取ってもらえたらと思っています。

 戦争加害者と同じ衣装を2ヶ月間洗うことなく着続け、とても重い装具を身につけ、当時を擬似体験して苦労して撮影し終えた時に、なにがなんでも日本人として、こんな思いで戦ってきた方たちのことを決して忘れてはならないと痛感しました。

 皆さんに伝えたいことは心の中にたくさんありますが、戦争被害者を演じることでこの映画の中で伝わるんではないかと思いますので、ゆっくりとご鑑賞ください。観終わったら、どんな感想でもいいので、一人でも多くの方にこの映画のことを伝えていただけると嬉しく思います。今日はありがとうございました。

この記事は映画「太平洋の奇跡」http://www.taiheiyo-no-kiseki.jp/から一部引用しております。

―――― Copyright-Big Japan web dwyt. From Nao Sukehira-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります

そろそろ夢占いの実証|イメージ画像

そろそろ夢占いの実証

  1. そろそろ夢占いの実証
  2. ではなぜ落ちたのか?
  3. メニュー部分が上になって
  4. 何事も基本は忠実に
  5. 今後も頑張って
  6. その反面、誕生日
  7. グーグルの検索エンジン
勝手にコラム、最新ニュース?
  1. ヒールスニーカー
  2. 香水を売るのであれば
  3. fxの比較初心者のために
  4. ミル付コーヒーメーカー
  5. 解毒・ダイエット
  6. プーケットでのショッピング
  7. ホームページ(Web site)作成
最近のseo事情はロングテール
  1. ロングテールseoは二度死ぬ
  2. 自身が分らないことは調べない
  3. 使っているのはTeraPad
  4. 本当に売れたらすごい
  5. 知識が増えた現在の私
  6. リンク用のページと自社製品
  7. 相互リンクを申し込む相手
サイト情報
  1. 戦争と平和を考える学習
  2. 戦争被害者と加害者の違い
  3. カーテン物語だけではない
  4. 素人なりのSEO対策
  5. 美容と言えば美容院
  6. 特定商法取引法
  7. プライバシーポリシー
  8. サイトのご利用規定

――メニューEND――